アメリカへのホームステイ 語学力より行動力が大切な理由

5 min 182 views

英語に自信がない人こそホームステイをしよう

先日、中学2年生の息子が、学校からアメリカホームステイについてのプリントを貰ってきました。

そして息子は、ホームステイに行きたいと言っています。

夏休みを利用して、9日間のコロラド州へのホームステイです。

しかし彼は英語の成績がよろしくありません。

小学生の頃に、家庭教師で英語の学習をしていましたが、その時はそれなりに出来ていました。

しかし中学に入り、思ったよりも英語については伸び悩んでいます。

一番悪い点数を言うならば「27点」を取った事があるほどです。

進学塾へ通うようになり、最近は、平均点に届くようになりましたが。

そんな息子でも、希望すればホームステイが可能なのか。

このような疑問を解決するべく、先週の土曜日に、ホームステイの説明会に参加してきました。

結論から伝えると、「可能」です。

この記事は、ホームステイの説明会から得た事柄や感想についてまとめています。

英語に自信がないからこそホームステイに行く理由や、ホームステイをするにあたり大切な事など、語学を学びたい方の、参考になる内容となっています。

この記事が、子供から大人まで、様々な年代の方の英語を学ぶきっかけや、ホームステイに行く勇気となれたら嬉しく思います。

気になるポイントは、各目次からご確認ください。

ホームステイの条件と目的

ホームステイをし、語学を学ぶ人。

このようにホームステイを希望する方については、相当語学が得意で、英語力が高く、現地に行っても問題ないんだろうな、などのイメージがあると思います。

もちろん、語学が得意で更にスキルアップしたいために、語学留学をする方はいらっしゃいます。

しかし、ホームステイや語学留学については、目的や語学レベルは様々なようです。

全くの、初めて海外に行く初心者から、語学力を更に高めるために学びに行く上級者、それぞれに合ったかたちで、ホームステイをします。

そのため語学力については、「高くないと留学出来ない」といった条件的なものはありません。

大切な事は、出来る出来ないではなく、学びたい事があるか、ホームステイをする目的や意欲が、問われるそうです。

異文化に触れたい、現地に行って色んな人達とコミュニケーションを取りたいと思う気持ちなど、好奇心と行動力が大切となります。

今回、中学校から配布されたプリントのホームステイについては、引率者も同行し、初心者からOKという案内でした。

うちの息子は、英語の成績こそ良くありませんが、

「英語が好きで、話せるようになりたい。異文化や生きた英語に触れたい。」

このような気持ちが人一倍強いため、ホームステイを応募する目的と条件を、クリアしている事となります。

ぜひ応募してくださいと、おっしゃっていただけました。

しかし、今回のホームステイについては、市で行っている交換留学生の制度となります。

そのため、多数の応募者から選抜され、定員数は12名です。

作文と面接の試験があるため、選ばれた際にはホームステイに行けますが、選抜されるのは狭き門。

また、ホームステイの経験については、進学や就職の際に、願書や履歴書に、自分の経歴として記載する事も出来るため、将来の方向性によっては、強みにもなるそうです。

ホームステイ先の生活について

申し込むプランにもよりますが、息子が参加したいという、市が運営するホームステイについては、ホストファミリーは、出発の1ヶ月前には決まるそうです。

基本的には、1家庭1人となっていますが、受け入れて下さるホストファミリーの数によっては、1家庭2人などと、複数人になる事もあると伝えられました。

ホストファミリーは、厳選された家庭となるので、どこに配属されても心配はいらないと説明を受けました。

また、現地のホームステイ先では日本語は通じません。

そして、ホストファミリー宅でお世話になるのは、基本的に朝晩のようです。

日中は、名所めぐりや体験学習をし、帰宅後にお世話になるので、食事やお風呂など、ローカルな現地の生活を体験することが出来ます。

最終日には、「ホストファミリーday」といって、家族と1日一緒に過ごす日が設けられるなど、多種多様な企画があるそうです。

また、ホストファミリー宅にも子供がいるので、同世代とのコミュニケーションも図れるため、楽しいようです。

ホストファミリー宅で大切なこと

ホームステイ先では、基本的に全て英語で会話をします。

しかし、今回息子が参加したいと言っている、初心者から申し込み可能なホームステイについては、息子のように、英会話がままならないメンバーもいるのです。

そこで、英会話が成立しなくても大切な事について、教えていただきました。

それは、

  • 単語だけでも英語を話すこと
  • コミュニケーションを避けないこと
  • 積極的に伝える努力をすること

とても大切なようです。

例えば、自分が海外留学生を受け入れる、ホストファミリー側の立場になったことを考えてみましょう。

片言の日本語を、必死で伝えようとしている留学生がいたら、自分だったらどのように対応するでしょうか。

それが、間違っている日本語でも、文章になっていなくても、単語でも、こちらも一生懸命聞こうとするはずです。

しかし最初から、自分は日本語が分からないからコミュニケーションを避けて、母国語しか話さないといった留学生がいたら、どうでしょう。

こちらも、コミュニケーションが取りにくいと感じるはずです。

例えば、来日した留学生が、

「お風呂に入りたいです」

このように伝えたくても、正しい日本語は使えなく、

「おふろ、えー、ます、か。」

こんな感じで伝えていたら、どうでしょう。

こちらも、出来るだけ聞きとろうとしたり、ゆっくりと正しい日本語で、伝える努力をすると思います。

アメリカのホストファミリーについても、これと同じことが言えます。

大切なのは、話せる話せないではなく、伝える気持ち。

一生懸命、伝えようとする気持ちや、積極的にコミュニケーションを取る姿勢は、誰もが嬉しく感じることなのです。

また実際に現地に行った留学生や、引率者の皆さんは、文法が話せなくても、単語やジェスチャーで、コミュニケーションは可能とおっしゃっていました。

事前に準備した方が良いこと

他にも、事前に準備した方が良いことや、実際の経験から思う意見について伺いました。

一番大切なのは、

「体力をつけること」

こちらは、運営するトップの団長が、おっしゃっていたことです。

滞在する国にもよりますが、アメリカは時差が大きい事や、場所によって標高が高い地域もあるため、高山病にも注意が必要なようです。

今回、息子が参加したいホームステイ先は、アメリカのコロラド州です。

日本との時差は、16時間。

そして、その中でも標高が高く、標高1600mに位置する場所がホームステイ先なので、以前の参加者の中には、高山病になった中学生もいたそうです。

体力のある中学生でも、時差や標高などにより、かなり疲れるとおっしゃっていました。

そのため、ホームステイが決まった際には、

  • 規則正しい生活
  • 体力をつけること

以上は、日本にいる時から、事前に準備した方が良いポイントのようです。

その他にも、

「豊かな表情、笑顔、積極的なコミュニケーション」

こちらも準備を忘れずに、とおっしゃっていました。

まとめ

この記事の、まとめです。

ホームステイの語学力・条件
  • 初心者から上級者まで、語学レベルは様々
  • 語学力の条件的なものはない
ホームステイのメリット
  • 語学力が身につく
  • スキルアップ
  • 異文化や生きた英語に触れられる
  • 諸外国の方々とコミュニケーションを図れる
  • 進学や就職(願書や履歴書)に経歴を記載できる
ホストファミリー宅で大切なこと
  • 単語だけでも英語を話すこと
  • コミュニケーションを避けないこと
  • 積極的に伝える努力をすること
事前に準備した方が良いこと
  • 規則正しい生活
  • 体力をつけること
  • 豊かな表情
  • 笑顔
  • 積極的なコミュニケーション

ホームステイや語学留学をしたいと思う理由は様々ですが、一番大切なのは、勇気と行動力のように思います。

そもそも、初めから不自由を感じないほど語学力が高いのなら、語学を目的とした留学の必要はありません。

異文化に触れることなど、ホームステイには語学以外に得られるメリットも沢山ありますが。

英語が話せないからこそ、ホームステイや語学留学で学び、生きた英語を体感することが大切と感じました。

色々と考えるより、先ずは行動すること。

皆さん、少しの勇気と行動力で、話せる未来を掴むための挑戦を、してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA