休息旅行2日目 小5の娘が初めての渋谷と猫カフェ体験

4 min 142 views

受験勉強の息抜きエピソード。

小5娘が行く、渋谷の街歩きと、初めての猫カフェ体験をまとめました。

リベンジの原宿

休息旅行2日目は、ホテルをチェックアウト後に、初日に行けなかった所巡りになりました。

今日の日程、移動の順番は、

原宿~渋谷~東京駅(新幹線)の順になります。

とりあえず、初日に電球ソーダが気になっていましたが、飲食物の持ち込みが出来ないイートインでしたので、お店に入ることが出来ずに、

「2日目には絶対に行こうね」

と娘と約束をしていました。

ですが、まさかの定休日。

仕方ないので、ブラブラと歩いていたらテイクアウトの電球ソーダが売っていました。

即購入です。ブルーハワイ。

電球ソーダの画像

やっぱり女子は買い物が大好き

そしてお次は、キデイランドへ。

初日に一番娘が喜んでいたお店です。

地下1階のスヌーピーと、4階のサンリオは初日も見られたのですが、まだまだ見たりないと言う事でした。

他の階のキャラクターも見たいと言っていましたが、結局はスヌーピーとサンリオへ。

可愛すぎるミッフィーちゃんにロックオンでした。

そして期間限定の長崎ハウステンボスとのコラボのグッズがありました。

そして塾の勉強の際に使いたいと言う物や、勉強中に使いたいタンブラーや、文具関係や塾で使うパスケースなど心残りのないように娘の欲しいと思う物を全て購入しました。

タンブラーは、勉強の休憩時にココアやルイボスティーなど、お家カフェをするためだそうです。

買い物だけのために東京に訪れることはめったにないと思うので、かなりのまとめ買い。

お土産で、次第に荷物が重くなってきましたが、リュックでしたのでなんとか耐えられます。

旅行はやっぱりリュックをお勧めします。

そして渋谷へ

田舎から出てきて初めての渋谷と言えば、ハチ公、スクランブル交差点、女子高生の聖地と言われている109です。

ここは押さえておきたいポイントです。

そして、今回娘の1番の目的は、「猫カフェ」です。

「犬カフェ」もあるのですが、やっぱり娘は「猫カフェ」一択。

「猫カフェ」は当然ですが、我が家の地域にはありません。

娘一押しの「猫カフェ」は、旅の締めくくりとして1番最後に行くこととなりました。

ハチ公を見た娘

娘は見ましたよ、ハチ公。

ハチ公と一緒に写真撮る?

と聞いたのですが、渋谷のハチ公と記念撮影をしているのは、世界各国から来日した、観光者が多いようでした。

しかも結構長い列となっています。

そして娘は、ハチ公との撮影よりも空腹の方が勝ったため、遅めのランチを優先しました。

ハチ公だけ、記念撮影をしました。

渋谷ハチ公の銅像

初のスクランブル交差点

そして娘、初のスクランブル交差点。テレビでの映像と全く同じで感動。

スクランブル交差点も、記念に撮影です。

スクランブル交差点の記念撮影

娘が渋谷の109デビュー

女子高生で賑わう109。

ランチも兼ねて109へ向かいました。

ついに娘も109デビューです。

そして、7階のチーズとはちみつのお店でランチを取りました。

向かいのお店は、テレビで紹介されているのを見たことがありましたが、娘はテレビの紹介より食べたい物を優先。どうしても、カルボナーラとハンバーグの気分だったそうです。

ランチの写真

109の7階で、外の景色が見える席に通されて、渋谷の街を見下ろしながらのランチは不思議な感覚だったようです。

そしてランチの後は、ショッピング。

109の、7階から1階まで一通り見て、また1階から7階まで見て回り、どうしても欲しい服があると言うので購入しました。

今回学んだこととしては、洋服は初日に買って、その服で東京観光をすること。

やっぱり渋谷、原宿はオシャレで見ていてもワクワクします。

せっかくなら、オシャレな服を着て東京観光した方が、更に気持ちも上がりそうな予感でした。

今回も十分に楽しかったのですが、田舎では着られないような服を着ての街歩きも良いかも知れません。

念願の猫カフェへ

猫カフェは、子供も入れる猫カフェのおすすめのお店に行ってみました。

「猫カフェ MOCHA (モカ)渋谷センター街店」

店内で受付を済ませるとカフェの中に入れます。

当然ですが、猫ちゃんたちがいます。

可愛すぎて可愛すぎて、私も娘も猫ちゃんに夢中。

猫カフェの昼寝中の猫ちゃん

ねこじゃらしのようなもので遊んであげて、気持ちを引き付けたり、猫ちゃんと仲良くなる方法は自由ですが、猫ちゃんを追いかけたり、イヤがることはNG。

さすが猫カフェにいらっしゃるお客様は、猫ファンのため、猫ちゃんの嫌がることや無理強いをする人は全くいません。

そして肝心の猫ちゃんなのですが、ツンデレです。

さすが猫様。

そこがまた可愛いのですが。

こちらの猫カフェの猫ちゃんたちは、ねこじゃらしには全く興味がありません。

また、こちらの猫カフェについては、100円ガチャポンで猫ちゃんのおやつを購入できるシステムがあるのです。

そのため、娘も猫ちゃんと、お近づきになりたいので、次々へとガチャポンを回しました。

ついに手持ちの小銭がなくなったので、フロントへ両替に行き、またガチャポンを回します。

2匹の猫ちゃん

ガチャポン以外にも、猫ちゃんのおやつがあるので、500円のオーダー制の、猫ちゃん用アイスを購入しました。

カクテルグラスのような入れ物に、アイスが入っていて、スプーンであげるタイプのおやつです。

猫ちゃんアイスを購入した途端に、娘は猫ちゃんから一気に人気者になりました。

餌付け効果はすごいです。

そして1匹、とても元気の良すぎる猫ちゃんがいて、スプーンからもらうアイスではなくて、アイスが入っているグラスごとかぶりつく猫ちゃんがいました。

食欲旺盛で何よりです。

猫用アイスを欲しがる猫ちゃん3匹

本当はまだ帰りたくないのですが、新幹線の時間に間に合わないので、猫ちゃんのアイスがなくなってから、お店を出ることにしました。

今回の旅行の締めくくりにふさわしい、猫カフェでした。

東京駅で新幹線

楽しい旅行も東京駅でのお土産選びが最後となりました。

やっぱりお土産の定番と言えば、「東京バナナ」と「ひよこ」

お留守番をしてくれている、旦那さんと息子に定番のお土産の「東京バナナ」を買いました。

そして新幹線の中で食べるお菓子を娘に買って、家路に向かいます。

お腹が空いていれば駅弁もいいのですが、お昼が遅めだったので、お腹に余裕がありません。

娘は新幹線から見える景色について、

「東京を離れれば離れるほど、景色は平面だね。」

「あっ、イオンが一番目立つよ、ママ。」

こんなことを言っていました。

確かに、娘の通う進学塾周辺も大きな建物はイオンくらいです。

それでも市内なので、イオンやコンビニがあるのが救いです。

わが家の地域は、一番近いコンビニでも歩いて50分くらい。

昨年、子供たちからコンビニまで歩いて行こうと誘われたので歩きましたが、私を含めて子供たちも足が痛くなり、帰りは歩いて帰ることが出来なくなったことがありました。

そして、コンビニまで車で旦那さんに迎えにきてもらったことがあります。

帰る場所があること

そして新幹線から降りると、東京とは空気が違いました。

東京は暑かったのですが、こっちは寒い。

空気が冷え込んでいて、町は静かでした。

私も都会から田舎に嫁いで十数年。

何気に、田舎の人の少なさや交通手段が車のみの生活にも慣れてきたことからか、帰ってくるとホッとしている自分もいます。

東京に行くと、便利すぎて快適なのですが、田舎は田舎で安心出来る環境で、どちらの生活も良いのですが、帰る場所があるということは、とても幸せだと実感した瞬間でした。

夢の世界から現実世界へ。

今回の旅の楽しさを糧に母娘ともに、これからも頑張っていきたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA