自分の身を守る防犯対策と女性や子供のためにおすすめのアイテム6選

15 min 90 views

誘拐未遂に遭った経験から語る私の防犯対策

「本ページはプロモーションが含まれています」

こんにちは、皆さん。最近は全国で切りつけ事件などが多発し、物騒な世の中で外出にも不安を感じます。そんなこともあり今回は、自分の身を守るための防犯対策についてお話しします。私自身、小学生の頃に誘拐未遂に遭い、中学生の頃には通学路で頭からジャンパーをかけられ口を塞がれ引きずられるなど、様々な怖い経験をしてきました。さらに、高校生の頃には満員電車でスカートを刃物で破られたり、駅のホームで見知らぬ男性から蹴飛ばされて怪我をしたこともあります。こうした経験から、身を守るために有効なアイテムや対処法を学び、実践してきました。ここでは、私が実際に使っているおすすめの防犯アイテムと、危険な場面に遭遇したときの対処法について詳しくご紹介します。

おすすめ防犯アイテム10選

1. 防犯ブザー

メリット
  • 防犯ブザーは、コンパクトで持ち運びが簡単。
  • 大音量で周囲の注意を引くことができ、犯人を驚かせて撃退する効果があります。
デメリット
  • 防犯ブザーを鳴らしても、周囲の人が必ずしも助けに来てくれるとは限りません。


中学生の頃に通学路で不審者に襲われ怖い思いをした時、私は大声が出たので助かりましたが、声が出ない状況もあるので、防犯ブザーを持っていたら安心できると感じました。

2. フラッシュライト

メリット
  • フラッシュライトは暗闇での視認性を高め、犯人を驚かせることができます。
  • 強力な光で相手の目を眩ませることも可能です。
  • 強い光によって周囲の注意を引くことができます。
デメリット
  • 正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要です。

注意点

フラッシュライトを持ち歩く場合は、デメリットにもありますが、正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要です。護身用として持ち歩いたとしても職務質問の際に処罰される可能性があります。その時対応する警察官の判断によっては、女性や子供が所持する場合は正当な理由と認められることもあるようです。


私については、高校生の頃に駅のホームで襲われた時、フラッシュライトがあれば犯人の目をくらませ、その間に逃げることができ、被害を未然に防げたかもしれません。当時はフラッシュライトなどの防犯アイテムは販売されていませんでした。しかしフラッシュライトなどの懐中電灯の持ち歩きは上のデメリットにも記載していますが、正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要です。侵入具携帯の罪というものに問われます。禁止対象は、合鍵、のみ、ガラス切り、縄ばしご、ロープ、ドライバー、カッター、懐中電灯などが含まれ、外部から見えないようにバッグやポケット内で持ち歩く行為が処罰されます。

3. 警視庁防犯アプリ「Digi Police(デジタルポリス)」

メリット
  • このアプリ(デジタルポリス)は、危険を感じた時に警察に素早く通報できる機能や、周囲に緊急警報を発信できる機能があります。
  • 防犯情報の収集にも役立ちます。
デメリット
  • アプリが正しく作動するためには、スマートフォンが手元にあることが前提です。
  • 電池切れや通信障害があると利用できません。
  • 現時点では地域設定の機能のみ、設定できる地域とできない地域があります。(防犯ブザーや痴漢撃退機能はエリア関係なく使えます。)

こちらのアプリ(デジタルポリス)は、警視庁防犯アプリと言うだけあってスマートフォンを持っているならば入れておいて損はないアプリだと思います。我が家は家族皆でダウンロードしました。(残念ながら我が家は設定エリア外でした)

4. 防犯スプレー(催涙スプレー)

メリット
  • 催涙スプレーは、犯人の目や呼吸器に強い刺激を与えて無力化します。
  • 不審者が自宅に侵入してきた際には撃退するのに有効です。
デメリット
  • 使用には注意が必要で、屋外での使用は風の強い日などは誤って自分にかかるリスクもあります。
  • 購入して自宅や会社、店舗に置いたりすることは合法ですが、正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要です。

注意点

防犯スプレー(催涙スプレー)を持ち歩く場合は、最寄りの警察署に相談をしましょう。デメリットにもありますが、購入して自宅や会社、店舗に置いたりすることは合法ですが、正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要です。

防犯スプレー(催涙スプレー)は、持ち歩きに注意が必要ですが、防犯スプレーの代替品として、ヘアスプレーなどでも犯人の行動を一時的に制御することができます。あくまでも逃げるための防犯アイテムであって、相手を攻撃するためのものではないので、ヘアスプレーでも何もないよりは心強いと思います。また、警察官からの職務質問の際に女性がヘアスプレーを持っていても、何ら不思議はないことなので罪に問われることはないでしょう。

私の経験
私は何回も怖い思いをしてきたので、一通りの防犯アイテムは揃えました。もちろん唐辛子の成分の防犯スプレーも持っていました。防犯スプレーは、風向きによっては自分にかかり逆効果になるなどもあり、購入しましたが外に持ち出すことはしませんでした。一通りの防犯アイテムを用意してからは、幸い被害に遭うこともなく防犯スプレーは使うことなく処分してしまいました。しかし最近は地域や年齢は関係なく物騒な事件が白昼堂々と発生しています。防犯スプレーは使用方法や使用期限を確認し、緊急時に備えておくのも大切だと思いました。今となっては、処分せずに持っていれば良かったと思います。不審者が自宅に侵入してきた際には撃退するのに有効なので、防犯対策として備えておくと安心です。

スタンガンについて
上でも話しましたが、私は何回も怖い思いをしてきたので、一通りの防犯アイテムは揃えました。その中にはスタンガンもあります。東京での一人暮らしの際に護身用として自宅に保管していました。

こちらも一度も使うことなく現在も自宅で保管しています。

スタンガンも防犯スプレー(催涙スプレー)と同様に、購入して自宅や会社、店舗に置いたりすることは合法ですが、正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要です。持ち歩く場合は、最寄りの警察署に相談をしましょう。

5. スマートウォッチの緊急通報機能

メリット
  • 最新のスマートウォッチには、緊急時にボタンを押すだけで指定の連絡先や警察に通報できる機能が備わっています。
  • 事故や転倒など衝撃によって緊急SOSを自動連絡をしてくれる手軽さが魅力です。
デメリット
  • 事故や転倒など衝撃によって緊急SOSを自動連絡をしてくれる手軽な半面、事故以外の衝撃にも反応し、誤作動や誤操作に注意が必要です。
  • 転倒や衝突の仕方によってはSOS機能が発動しない可能性もあります。

6. GPSの活用

メリット
  • GPSを持ち歩くことで、家族や友人が自分の位置をリアルタイムで把握できます。万が一の際にも安心です。
デメリット
  • 定期的に充電が必要で、電池が切れると役立ちません。

私の経験
子供の頃の誘拐未遂事件以降、自分の子供にはGPSを持たせるようにしています。学校ではスマホの持ち込みが禁止のため、ランドセルに入る小型のタイプは非常に便利です。位置情報以外にも、リアルタイムで通話やビデオ電話ができるため、学校へ持たせるのに適していると思いました。スマホを小学校や中学校に持って行っても良いならば、スマホから位置を共有できるので一番良いと思いますが、小学校の低学年のうちなどは、通話もできるGPS端末があると安心するアイテムとなります。

私がおすすめするGPS端末は「myFirst Fone S3」です。myFirst Fone S3は腕時計型のGPS端末です。

リアルタイムでの通話やビデオ電話ができるため、携帯は持たせたくないけれど連絡は取りたいといった場合に特に活躍します。GPS端末というよりスマートウォッチのような感覚となります。

私が被害に遭った誘拐未遂について

私は小学生の頃に誘拐未遂に遭ったことがあります。当時世間を騒がせていた連続女児誘拐事件が発生していた時期に、模倣犯や愉快犯的な誘拐未遂事件が増えていた時期でした。

下校の際に途中までは友達と一緒に帰れますが、学校から一番遠い私は最終的には一人で自宅まで帰ることになります。その際に工場地帯の割と細い道路があるのですが、そこで男性複数人が乗っていた車に引き込まれそうになりました。身体を掴まれる前に進行方向ではなく逆方向に全速力で走りました。男性は車から降りることなく車を切替して追いかけてこようとしましたが、狭い道のため、道路脇の側溝にタイヤが落ちてしまい、その隙に逃げ切ることができました。その日の夜に、2人の警察官が自宅に事情聴取に来ましたが、私は思い出すだけでも怖くてガタガタ震えが止まらずに、状況を上手く伝えることができませんでした。当時の私の記憶にただ残っていることは、全力疾走しながら「私は誘拐されて、明日の新聞に載るんだろうな。」と思っていただけでした。

私が助かった理由として、

  • 危険を察知し身体を掴まれる前に逃げたこと
  • 進行方向とは逆方向に走ったこと

もしも身体を掴まれていたら、力のある成人男性を振り切って逃げることは不可能だったと思います。

そして、進行方向とは逆方向に走ったことについては、前に進んで走ったら掴まると感覚的に思うところがあり、私の直感通り、狭い道で車の切り替えしに時間がかかったところが助かった大きな理由です。

とっさの判断が全ての状況を大きく変えたと警察官の2人がおっしゃっていました。

今思えば、私の防犯意識が高まったのはこの被害からだと思います。自らの経験として、子供が被害に遭わないために気をつけたいことは、

「とにかく1人で行動しないこと」

1人で歩くしかない時は、人通りの少ない場所は歩かないことはとても重要なことです。

また現代は、GPS端末の普及により子供の居場所を把握することができる時代です。

1人で習い事へ行く時や、友達と遊ぶ時、迷子になった時などGPS端末は頼りになるアイテムです。月額のランニングコストはかかりますが、我が子の安全を考えたことを思えば保険のような感覚と言えると思います。最近はGPS端末もAIの普及でかなりの高性能になっています。被害にあった私としては、「自分が子供の頃の数十年前にも、この技術があったら良かったな」と切に思います。

狙われやすいと思うタイプ

あくまでも私の感覚ですが、犯人は子供や女性など力の弱い人を狙います。

私は、身長が153cmで体重が40kg~42kgぐらいです。世間一般でいう小柄な人です。そして事実はさておき、大人しそうにも見えるそうです。ここまで様々な被害に遭っているのは運が悪いとしか言いようがありませんが、それ以外の要因として小柄で力も弱く大人しそうにも見えることもあると思います。外見から推測すると、私は大声で叫ぶようなイメージは全くないようです。そして、1人で歩くことも多いです。これは私が、私立の学校へ通っていたこともあり、住まいが皆違うため、登下校は1人で歩くことになるからです。

また、学校が遠かったこともあり登校時間が人の少ない早朝でした。夜はもちろん危険ですが、何気に早朝も不審者に遭遇する確率が高いような気がします。

狙われやすいタイプとして

  • 子供や女性、高齢者など、力の弱い人
  • 小柄な人
  • 大人しそうに見える
  • 1人で歩く
  • 人通りの少ない道を通る
  • 早朝や夜など外出することが多い

全てが絶対にそうだと言うわけではありませんが、比較的このようなタイプの方は外出時に不審者からターゲットにされやすく、連れ去りやひったくりといった被害や、痴漢に狙われやすいと感じています。

ちなみに私の学生時代に仲良くしていた友達で、身長168cm、体重68kgの、あだ名が「ビック」と呼ばれていた体育系女子は一度も痴漢にあったことがないと、話していました。同じく170cm、73kgの格闘技を習っている友達も、自分は痴漢の被害に遭ったことはないけど、被害に遭っている人を助けたことはあると話していました。

あくまでも私の学生時代の周囲の話題ですが、体格や雰囲気によって、狙われやすさは変わってくるように感じます。また、格闘技などを習い護身術を身につけるのも自分を守る一つの手段かもしれません。

私の娘は「名探偵コナン」に出てくる蘭姉ちゃんに憧れていたので、娘が小学校1年生の頃に護身術として空手を習わせましたが、想像していたのもとは違ったようで娘はすぐにやめました。格闘技も向き不向きはあるようです。

危険な場面に遭遇した時の対処法

防犯アイテムを活用することも大切ですが、危険な場面に遭遇した時の対処法も知っておく必要があります。以下に、私が実践している対処法をご紹介します。

身体の中心を守る

危険な状況では、背中を見せずに前を向き、身体の中心をバックなどで守ることが重要です。背中をむけていると身体を守ることができません。また、身体の中心には損傷すると致命傷となる臓器や動脈が集中しており、前を向き、ここを守ることで致命傷となる怪我を避けることができます。

私の経験
高校2年生の時に駅のホームで襲われた際、背中を向けずに前を向いて身体の中心を守ることで、致命傷になるような大きな怪我を防ぐことができました。しかし、足のスネを思い切り蹴飛ばされたので大きな痣ができ、全治2~3週間の怪我となりました。当然、体育の授業はひと月ぐらいの間、欠席となり1学期の体育の通知表が下がり過ぎて悔しかった記憶があります。今思えば、致命傷となる怪我をしなかっただけ良かったです。

大きな声で助けを呼ぶ・周囲の注意を引く

危険を感じたら、大きな声で助けを呼びましょう。周囲の注意を引くことで、犯人が逃げる可能性が高まります。そして、周囲の人に助けを求めることが大切です。大声で助けを呼ぶ、防犯ブザーを鳴らすなどして、周囲の注意を引きましょう。

私の経験
私は大声で助けを求めることで、中学生の頃、早朝に通学路での不審者に襲われる事件を未然に防ぐことができました。当時、小雨が降る中、頭からジャンパーをかけられ口を塞がれ引きずられましたが、私は大きな声で、

「わ゛ーーーーー、何すんだよーーーー、あ゛ーーーーーぬぉ~~~~%&#$##%&%&#$##%&

と、言葉にならない大声を出したので、周囲の人に気づいてもらえ、犯人は逃げていきました。このように、周囲の人々に注意を向けてもらうことが重要です。

この話を学校で話したところ、私と似たような被害に遭った同級生がいました。同級生は、とっさのことで怖くて声が出なかったそうです。偶然近くに通行人がいたから犯人が逃げていったと話していました。不測の事態で大きな声は誰しも出るものではないので、大きな音の鳴る防犯ブザーなどを持ち歩くことで、人に気づいてもらう確率は高くなります。また、人目と大きな音で、大抵の犯人は逃げていきます。防犯ブザーはお守りに持っていることをおすすめします。

明るい場所に移動する

犯人は暗く人がいない場所を好みます。明るい場所や人通りの多い場所に移動することで、犯人に襲われるリスクを減らすことができます。

私の経験
夜遅くに帰宅する際は、できるだけ明るい通りを選ぶようにしています。また、遅くなる時は片手に必ず携帯電話や長い傘を持つようにしています。携帯電話は速やかにSOSの連絡が取れるようにボタン一つで発信できるように準備をし、雨降り予報の時は防犯対策にも活用できるため、折り畳み傘ではなく長い傘を持つようにしていました。

警察に通報する

危険を感じた場合、すぐに警察に通報することが重要です。また被害に遭っている場面に遭遇した際には、通報と合わせて現場の画像や動画撮影をすることも、詳細な状況を知らせるために有効です。通報は他の人と重複していても構わないので、一刻も早く連絡することが防犯では大切なことです。

※一番は自分の安全を守ることなので、危険なことはせずに、状況に応じたできる範囲の行動が大切です。

私の経験
満員電車での痴漢に遭った際、駅の鉄道警察に犯人を引き渡した経験があります。すぐに通報することで、犯人を捕まえる確率が高まります。

警視庁防犯アプリの活用

このアプリ「Digi Police(デジタルポリス)」は、各種防犯情報や、防犯ブザーや痴漢撃退機能があります。また、地域の設定をすることで、お住まいの地域の防犯情報の収集にも役立ちます。痴漢の被害に遭った際にも、音声で「やめてください」と伝えてくれる機能もあり、声を出せない状況でも役立ちます。また周囲も、痴漢に遭っているのではないかと思われる方に対して、「ちかんされていませんか?」などと音声なしの画像で確認もできます。また下画像のとおり、赤白の切り替えボタンによって「痴漢です。助けてください。」と被害者側が画面を切り替えて、画像で周囲に助けを求めることもできます。

そしてこのような防犯ブザー機能もついています。

こちらは東京都の犯罪発生情報となります。

最初の設定画面では東京の地域設定しか登録できませんが、東京だけではなく位置情報を使うことで全国の都道府県の情報に切り替えることもできるそうです。(情報元:Xより)

残念ながら、私の住んでいる地域の防犯情報は出てこなかったので、全国とはいっても地域よって警察署の発信する防災情報の有無に、相違があるのかもしれません。また、防犯ブザーや痴漢撃退機能はエリア設定をしなくても使えました。

私の経験
私は出勤中に満員電車で痴漢に遭った際、車内で痴漢に直接「やめてください」と言い、運よく駅のホームに鉄道警察が2人いたので痴漢を取り押さえることができました。しかし、声を発することのできない女性は多くいると思います。そんな時に、防犯アプリ「Digi Police(デジタルポリス)」の音声や画像で助けを求める機能は役に立つのではないかと思いました。

防犯ブザー(パーソナルアラーム)を使用

防犯ブザーは、大音量で周囲の注意を引くことができ、犯人を驚かせて撃退する効果があります。ただし、鳴らしても必ずしも助けが来るわけではないため、他の対策と併用することが重要です。私のおすすめは、防犯ブザーとLEDライトが一体型になっているパーソナルアラームです。LEDライトの光で相手の目を眩ませることと防犯ブザーをダブルで使用することによって、相手の目を眩ませている間に防犯ブザーで周囲の注意を引くことができます。上項目でも記載していますが、フラッシュライトは正当な理由なく持ち歩くと「軽犯罪法」に抵触するので注意が必要ですが、防犯ブザー(パーソナルアラーム)は持ち歩くための防犯グッズです。正当な理由として所持できるアイテムと言えるでしょう。

私の経験
我が子も防犯ブザーを持ち歩いていますが、周囲の反応が期待できない場合もあるため、他の防犯アイテムも併用すると良いかもしれません。実際に娘は、ランドセルに付けている防犯ブザーの引き金が劣化し、誤作動で鳴らしてしまったことがあります。しかし、大きな音が出ましたが誰一人、駆け付けてくれる大人はいなかったようです。防犯ブザーなどの機器類は、定期的にきちんと作動するかなどの点検は必要です。また劣化した際には新しいものに買い替えることも大切です。防犯グッズも年々新しい開発がなされています。ご自身に合った防犯アイテムを用意しましょう。

防犯アイテムの常備

日常的に防犯アイテムを常備し、必要に応じてすぐに使えるようにしておくことが大切です。防犯ブザー、GPS機能など、状況に応じて使い分けることで、自分の身を守ることができます。また、防犯アイテムを準備することによって安心感が得られるので自分に合ったアイテムを用意することは大切だと思います。

結論

防犯対策は、自分の身を守るために非常に重要です。防犯アイテムを活用し、危険な場面に遭遇した時の対処法を身につけておくことで、安全を確保することができます。以下は防犯対策のポイントです。

  1. 防犯アイテムの活用:防犯ブザー、GPSなどを常に持ち歩く。警視庁防犯アプリ「Digi Police(デジタルポリス)」をダウンロードする。
  2. 危険な場面での対処法:身体の中心を守り、背中を見せずに前を向く。大声で助けを呼び、明るい場所や人通りの多い場所に移動する。
  3. 防犯意識の向上:常に周囲に注意を払い、危険を感じたらすぐに警察に通報する。

防犯対策は、日常生活の一部として取り入れることが大切です。私自身、数々の怖い経験を通じて、防犯アイテムの重要性や危険な場面での対処法を学びました。これらの対策を実践することで、安心して生活できる環境を作ることができます。皆さんもぜひ、自分の身を守るための防犯対策を取り入れてみてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA