ディズニーシーのリンクコーデとディズニーグッズの事前購入方法について

4 min 46 views

この記事は、ディズニーシーへ行く際に、わが家の子供たちに行った、ダッフィーちゃんとシェリーメイちゃんのリンクコーデについて書いています。

また、リンクコーデのおススメグッズや、事前にグッズを用意する方法についてもまとめました。

今回は兄妹でのリンクコーデですが、小物使いで、カップルやお友達同士でも可愛くコーデができます。

皆さんも可愛くコーデして、夢の国をたくさん楽しんでくださいね。

意外と大切な後ろ姿

私はダッフィー&フレンズでは、個人的な好みとして、ダッフィーちゃんとシェリーメイちゃん推しです。

そのため毎年毎年、ディズニーシーに行く際にはダッフィーちゃんとシェリーメイちゃんのグッズを購入していました。

特にリンクコーデや、インスタ映えを意識して買い揃えたわけではないので、可愛いと思ったものを心のままに買うなど、利用目的も全く考えていませんでした。

そして、自分が着る予定だったパーカーやポーチ、リュック等の小物類は、もったいなくて、ほとんど使わずに自宅保管していましたが、グッズは増える一方で、何となく子供たちに着用させることになりました。

それが、子供たち兄妹でのリンクコーデの始まりです。

そして息子にはダッフィーちゃんグッズを、娘にはシェリーメイちゃんのグッズを着用させたのですが、意外と可愛いかったのは後ろ姿です。

画像のリュックは、手さげや、ショルダーバックにもなり、アジャスターで調整するとリュックにもなる、3WAYタイプのぬいぐるみバックとなります。

ダッフィーちゃんとシェリーメイちゃんコーデの後ろ姿

もっと撮影が上手だったら良かったのですが、私のコレクションが日の目を見た瞬間です。

可愛いと思ったものを、何も考えずに購入したのですが、後ろ姿もしっかりとリンクコーデになっていました。

また、こちらのコーデは、2月下旬のものです。

この時の気温は、舞浜が13度でした。

そしてこの時の子供たちは、背中に貼るカイロを2枚と、お腹に貼るカイロを1枚つけて防寒対策を行いました。

着てきたコートをコインロッカーに預けるほどでしたので、2月にしては、暖かい日だったと思います。

またディズニーランドの寒さ対策については、関連記事でも公開しています。

関連記事では、子供のドレスで過ごす防寒対策ですが、冬場のリンクコーデの寒さ対策についても役立つと思います。

ぜひ参考になさってくださいね。

冬場は小物で防寒対策

子供たちのコーデは、パーカーも着ぐるみ風の、ダッフィーちゃんとシェリーメイちゃんにしていますが、全身をダッフィー&フレンズで統一するよりも、洋服は、カラーの統一や小物を上手く使うことで、より可愛いくリンクコーデが出来ることに気がつきました。

子供だけではなく、カップルやお友達同士で、洋服のカラーや小物を揃えるのも可愛いと思います。

そしてうちの子たちは、リンクコーデでカチューシャをしていますが、カチューシャには気をつけたい点がありました。

カチューシャはパーク内で楽しむための王道アイテムとも言えますが、私や息子については、このカチューシャを長時間つけていると、こめかみの締め付けで頭が痛くなります。

他にもアトラクションによっては、帽子やカチューシャは外さなければならない乗り物もあります。

そんな時にあったらいいなと思ったアイテムが、耳付マフラーでした。

耳付マフラーは、冬場については可愛いだけではなく、寒さ対策にも役立ちます。

また、マフラーに付いているフードをかぶることも出来るので暖かいですし、アトラクションに乗る時も、さっと外すことができ、その都度バックに入れる必要もありません。

そのまま首に巻いて乗り物から降りたら、ささっと、再度かぶることが出来るのです。

冬場については耳付マフラーも、可愛くリンクコーデが出来るアイテムの一つと思います。

他にはウインターアイテムとして、ミトンの手袋も可愛いかったです。

ディズニーグッズを事前に用意する方法

ディズニーシーへ行く際に、ダッフィー&フレンズアイテムでコーデしたいと思っても、事前に用意することが出来なければ、リンクコーデは出来ません。

そこで、販売されている場所について調べてみたので、参考にしていただければと思います。

ダッフィー&フレンズのアイテムが買える場所

ダッフィー&フレンズのアイテムは、基本的にディズニーシーでしか販売されていません。※ディズニーランドでは販売されていません。

もしくは、ディズニーのオンラインショップとなります。※オンラインショップを利用するためには、有料で会員になる必要があります。

しかし一部の商品は、楽天やアマゾンでも販売されていることがあります。

他には、メルカリやリサイクルショップなどの中古品を扱っているショップにも販売されています。

しかし、中古品販売については、現在販売されていない商品などが、高額過ぎる価格で出品されていたり、ニセモノが販売されていることもあるので、購入には注意が必要です。

やはりグッズは、ディズニーシーで実際に手に取って選ぶことが一番と思われます。

オンラインショップについては、ディズニーの正規品なのでニセモノの心配はありませんが、有料会員にならないとオンラインショップの利用が出来ないことは、デメリットの一つです。

また、自分の目で見て選ぶことが出来ないことも、デメリットと言えます。

衣類や小物については個体差はそれほど気にならないと思いますが、ぬいぐるみについては一体ごとに、お顔が違うような気がします。(※私個人の主観です)

実際に手に取り比べる事によって、自分の好みの子と出会うことが出来るのも、パーク内で購入するメリットと思います。

それでも限定品や事前に用意したい方については、

  • ディズニーの有料会員となり、オンラインショップで購入する
  • ご自身で、ネット上の商品を探す
  • メルカリやリサイクルショップで探す

こちらの方法になると思われます。

まとめ

この記事のまとめです。

冬場に温かく過ごせるリンクコーデポイントについて

ポイント
  • 洋服のカラーや小物を揃える
  • 後ろ姿も意外と大切
  • カチューシャよりフード耳付マフラー(冬場)
  • ダッフィー&シェリーメイのミトン手袋(冬場)

ダッフィー&フレンズのアイテムを、事前に用意する方法について。

事前購入について
  1. オンラインショップで購入
  2. 楽天やアマゾンで商品を探す
  3. メルカリやリサイクルショップで中古品を探す(※注意が必要)

グッズを事前購入のメリットとデメリット

1.オンラインショップで購入するメリットとデメリットについて。

メリット
  • ニセモノの心配がない
  • パーク内と同じ全グッズの販売がある(一部販売制限あり)
デメリット
  • 有料会員になる必要がある
  • 自分の目で見て選ぶことが出来ない

2.楽天やアマゾンで商品を探すメリットとデメリットについて。

メリット
  • 現在販売されていない商品を購入することも出来る
デメリット
  • 自分の目で見て選ぶことが出来ない
  • 一部のグッズしか販売されていない
  • 現地購入より高めの値段設定となっている

3.メルカリやリサイクルショップで中古品を探すメリットとデメリットについて。

メリット
  • 現在販売されていない商品を購入することも出来る
デメリット
  • 中古品である
  • ニセモノが販売されていることもある
  • 高額過ぎる価格で出品されていることもある
  • 自分の目で見て選ぶことが出来ない
  • 一部のグッズしか販売されていない

以上が、リンクコーデのポイントと事前購入についてとなります。

パーク内で過ごす時間はもちろん、事前に準備をしている時間も楽しいことの一つだと思います。

皆さん、なりたいコーデを事前に用意して、夢の国で過ごす1日を十分に満喫してきてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA