宿題が終わらない時はカフェ学習で気分転換 受験は体力勝負

2 min 112 views

長いようで短かったゴールデンウィーク。

連休中は、娘と旅に出るなど色々あり、あっという間に時間が流れて行きました。

今年のゴールデンウィークは5年生の娘と2人で、1泊2日の東京旅行に行ってきました。

そして田舎育ちの娘にとっては、発見続きの旅行となりました。

今回は、気分転換になるカフェ学習についてまとめています。

宿題が終わらない

娘ですが、ゴールデンウィーク最終日の時点で、塾の宿題が13ページ残っています。

算数、理科、社会は終わらせましたが、国語の宿題の86ページは、さすがに大変なようです。

家での学習ではモチベーションが続かないということで、東京を思い出してカフェで勉強をすることになりました。

娘が行きたいと切実に訴えてくるので、勢いに負けましたが、集中力が保たれるのなら、それが一番です。

憧れのカフェ学習

そして、連休最後のお出かけということで、家族皆でカフェへ行くことにしました。

カフェは、車で40分くらいのところにありますが、田舎で40分でカフェに行けるのは、有難いことです。

そこは本屋さんと隣接されているカフェで、本屋さんの本を1冊までカフェに持ち込んで、試し読みが出来ます。

前から息子も行きたいと言っていた場所です。

そして娘は宿題を持ち、息子は本屋さんの試し読みをしたいとのことでスマホのみ。

パパはレンタルしたDVDが溜まりにたまっているので、ポータブルDVDプレーヤーを持ち込みDVD鑑賞を。私はパソコンを持ち込むといったかたちで、カフェを満喫する準備は完璧です。

皆それぞれアイテムを揃えて、いざ出発。

ゴールデンウィークの最終日なので空いていると思って行ったのですが、勉強スペースのテーブルが微妙な感じで埋まっていました。

それでもテーブル席は空いていたので場所を確保し、お洒落にティータイム。

冷えにはご注意

ドリンクと軽食をオーダーして、至福のひと時を過ごしていましたが、10分程経ってから、娘が

「ママ、お腹が痛い」

どうやら、カフェの冷たいドリンクを飲んだら、お腹が冷えたようです。

娘も息子も、すこぶるお腹が弱い体質。

そして、家に帰りたいと言い出しました。

車で休憩するだけでは治らないから、ベットで休みたいとのことです。

当然に、宿題は1ページも出来ていません。

そして息子は、本屋さんに試し読みの本を、いそいそと探しに行ったばかりです。

それでも身体が1番なので、帰る方向でパパに相談。

パパは帰ろうと言ってくれていますが、問題は息子です。

楽しみに楽しみにしていたカフェタイム。

まだ来たばかりで、1冊どころか1文字も読むことなく帰るというのは、嫌がるのは当たり前です。

パパかが息子を探しに行き

パパ:「ポヨ子(娘:仮名)が、お腹が痛いって言ってるから帰るよ」

そして息子。

息子:「えー、まだ何も見てないよ。何もしてないよ。まだ来たばっかりじゃん。ポヨ子は車で休めばいいじゃん!」

子供とすると当たり前の反応です。

それでも、体調不良に関しては仕方がないので、息子も

「じゃあまた絶対連れてきてよ」

ということで、帰ることになりました。

お兄ちゃんということで、幼い頃から何かと妹の事情で我慢をしてきた息子。

仕方がない事ですが、こういう時も我慢をしなければいけません。

滞在時間、およそ10分。

カフェタイムを充実させるために揃えた完璧アイテムも使うことなく、あっけなく退散です。

やり残した宿題

そして娘ですが、家で休んでいてもなかなか良くならず、宿題も終わらずに気持ちばかりが焦ります。

そして、塾の宿題どころか、学校の日記1日分を仕上げることを、すっかり忘れていました。

夜の20時半が過ぎてから気がついたので、慌てて日記を仕上げて、結局は塾の宿題は手つかずに、1日が終わってしまいました。

明日から学校ですが、塾の宿題は、学校が終わってから頑張ってもらうことにします。

今週末には、5月の学力テストもあるのに大丈夫なのでしょうか。

今後も不安がいっぱいの学習状況です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA